MARKS BODY DESIGN

お問い合わせ
TEL: 045-507-7837
メールはこちら

MARKS BODY DESIGN
マークスボディデザイン
横浜市都筑区茅ヶ崎中央
19-7 SSビル5F
Tel:045-507-7837
アスリートの運動指導
肩・腰の痛み
不眠・ストレスによる不調
目のお悩み
美肌ケア
骨格のゆがみ
親子でできるセルフケア
ストレッチと呼吸の指導
代表
江口 典秀
(財)日本オリンピック委員会
専任メディカルスタッフ
(財)日本セーリング連盟
オリンピック特別委員会
トレーナー
北京オリンピック ヨット49er級
日本代表チームトレーナー
元全日本アルペンスキー
チームトレーナー
  • PODIATECH
  • crocksRX
  • crocksRXは足の諸症状にお悩みの方に向けて、専門家の協力を得ながら開発されたシューズです。
受付で展示・販売中!!

新着情報

MARKS BODY DESIGNの新着情報

3月4日 ★「日経ヘルス(3月号)」に掲載!リフレックスセラピー

■「日経ヘルス(3月号)」にマークスボディデザインのリフレックスセラピーが掲載。

紹介するのは、チーフセラピストの江口麻衣。
マークスボディデザインでは、顔反射区にアプローチする「ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジー」で身体の不調を自然に改善させていきます。

---------------
■「日経ヘルス(3月号)」■
〜冷え、むくみ、こり、イライラを解消!〜...

「顔反射区セラピー」
体の中の不調を、顔をケアすることでやわらげる顔反射セラピー。
---------------
ぜひ、ご覧になってください!

3月3日 ■1枠限定!ご予約承り中!■

3月3日現在

●神経系機能向上のマークスボディデザイン● 

■1枠限定!■ 

■ご予約承り中!■

↓↓↓こちら受付中↓↓↓ 

----------------------------

○3月19日(土)

13:00-14:00

の1時間枠1名様

---------------------------- 

↑↑↑ こちら受付中↑↑↑ 

※ご予約が入り次第終了となりますので予めご了承ください。 

※ご予約はお電話又はメールにてお願いいたします。

電話:045-507-7837

メール:info@marks-bd.com 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回ご案内は来週!(予定)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

3月1日 弊社 江口トレーナーによる「マークスボード コンディショニング」を紹介。

チャレンジリーグ昇格!(なでしこ)

 『オルカ鴨川FC(女子サッカー)』にサッカーレフェリーの西村雄一氏が応援演説 弊社 江口トレーナーによる「マークスボード コンディショニング」を紹介。

『オルカ鴨川FC』女子サッカーチームは、今シーズンから男子サッカーJリーグのJ3に当たるチャレンジリーグ昇格に挑戦し、見事昇格を決めた元気でフレッシュなチーム。そんな「オルカ鴨川FC」女子サッカーチーム応援のために2月25日、2014年サッカーワールドカップ開幕戦主審を務めた西村雄一氏がオルカの地元、鴨川市の亀田総合病院にて講演を行いました。また、スペシャルゲストとして弊社代表トレーナーの江口典秀、NPO法人ニッポンランナーズGMの齊藤太郎氏が招かれました。当日は選手全員と関係者など総勢約60名の方々が出席。講演の中で西村雄一氏は「自信と余裕をもって判定する」為に不可欠な、『よい準備』をする事の一つに「コンディショニング」を上げ、弊社で取り組んでいる「マークスボード コンディショニング」を紹介。弊社 江口トレーナーによる「マークスボード コンディショニング」を選手と一緒に行い、「オルカ鴨川FC」の監督はじめ、コーチ、トレーナーの方々も、チャレンジリーグを戦い抜くための、新たなコンディショニング法として、高い関心を抱いていました。「マークスボード コンディショニング」は根本となる「立つ」「歩く」などの姿勢や動きに、視覚や聴覚などの感覚器も統合的に活用して、より身体の動きの質を高めるものとして、「神経系機能」に着目した先進的なトレーニング方法として徐々に広がりつつあります。 

 

2月12日 好評!「第4回マークスボード 江口ゼミ」を開講。

好評!「第4回マークスボード 江口ゼミ」を開講。

去る2月11日(木/祝)にマークスボードユーザー恒例となった「第4回マークスボード江口ゼミ」を開講しました。「マークスボードご利用者様限定」の特別ゼミとして、新たな使い方や正しい使い方、指導現場でのお悩み解決などのフォローアップにご活用いただいています。

おかげ様で毎回ご好評をいただき、今回も定員8名の皆様が参加されました。一般の方、治療家、パーソナルトレーナー、理学療法士など、幅広くご参加いただいており、神経系機能向上の新しいツール、メソッドとして少しずつ、マークスボードの輪が広がりつつあります。

昨今、フィットネスクラブやジムなどではファンクショナルトレーニング(動きの質を高めるトレーニング)が主流となっていますが、さらに進化(深化)させ「神経系機能」に着目した先進的トレーニングとして、お届けしています。筋肉などの固有受容器と、視覚や聴覚などの感覚器を統合的に捉えて、身体の動きの質を根本からサポートします。ファンクショナルトレーニングなどのトレーニング方法と一緒に取り組むことで、ワンランク上の動きの質を得られることになります。

予防医療、介護予防、健康寿命の延伸など、皆様の「健康で生きがいのある自立的生活」の一助となることを願っています。

次回は3月13日(日)13:00〜となります。定員になり次第〆切となりますのでお早目にお申込みください。定員に達した際は、悪しからずご容赦ください。お申込みはinfo@marks-bd.comまで。

参加者の声:「感覚入力の具体的方法は参考になった」「現場で利用したいので理論の部分をもっと知りたい」「フィットネスクラブでの会員などのパフォーマンスアップに」「日常利用からリハビリまで使っていれば効果があると思えました。」 

2月9日 『サッカーレフェリー合同自主トレ』を実施!

弊社主催
『サッカーレフェリー合同自主トレ』を実施!

弊社マークスライフサポート(株)が普段マークスボードでコンディショニングを行っているサッカーレフェリーを対象に合同自主トレを3日間行いました。

この合宿ではマークスボードユーザーの西村雄一氏をはじめ、各地で活躍中のサッカーレフェリー陣を、弊社代表トレーナーの江口、ニッポンランナーズGMの斎藤太郎氏、協賛企業のアミノアップ化学、カムサポートにより合同でサポート。

この3日間で、マークスボードによるコンディショニングをはじめ、ランニングの質の向上、スキーのノウハウをいかしたターンの仕方など、実践形式のトレーニングを実施。その他にも理論やテクニカルディスカッションなど、レフェリングに必要な内容を網羅して行いました。

サッカーレフェリーが過酷な90分間を不安なく冷静に判定するには「不安は準備不足な自分が作り出している」と言う通り、フィジカル、メンタルともに日々のコンディショニングが欠かせません。サッカーレフェリーのコンディショニングにマークスボードが少しづつ浸透しつつあります。

今回の合宿で、新たな気づきと今シーズンへのモチベーションに繋がり、一定の成果を得ることができました。

レフェリー陣が、選手達の夢を叶えるために、そして子供や社会に希望と勇気を与えるために、 私達は、志の高い同志として、今後も一丸となってサポートしていきます。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 |

PAGE TOP

インソールInsole カイロプラクティック Chiropractic オリジナルグッズ Orijinal goods スポーツアロマ Sports aroma